AWS Edukit で遊んでみた〜Lチカ挑戦編

前回の続きです。

今回は、Lチカに挑戦します。またもや、つまづきポイントの共有です。

edukit.workshop.aws

 

まずは、「a. 前提条件」で準備します。

「Silicon Labs USB to UART ブリッジドライバーのインストール」は前回の記事でも実施しているので、割愛。

「ESP-IDF v4.2 のインストール」から行っていきました。

 

> /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

 

このコマンドで、homebrew のインストールを実施します。わたしの環境では homebrew 自体はインストールされていたようですが、古いものだった?らしく、brew update が必要でした。ただ、 brew update もすんなり通してもらえず、以下のコマンドを実行する必要がありました。結構大きめのリポジトリからデータを取得してくるため、時間がかかりました。

 

> git -C /usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-core fetch --unshallow

> git -C /usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-cask fetch --unshallow

 

その後は手順の通り、問題なく進みま・・・せんでした。

 

brew install cmake ninja dfu-util

 

の最後の方で、非常にも以下のエラーが・・・

 

> Error: Your CLT does not support macOS 11.

 

前回の記事にも書いた通り、わたしの環境は macOS 11 な Big Sur です。さて、どうしたものか。。。

上記エラーが出力された前後のメッセージを読むと  softwareupdate --all --install --force を実行せいと記載がありました。

なので、本コマンドを実行後、改めて、 brew install cmake ninja dfu-util を実行したところエラーもなく完了しました。よかったよかった?

・・・って、あれ?以下のコマンドもちゃんと通らない。。これも、わたしの環境の問題かしら。

> . $HOME/esp/esp-idf/install.sh

以下のように置き換えたら、動いた?

> ./install.sh
※直前にカレントディレクトリを install.sh が置いてあるところに移動済み。

その後、 . ./export.sh を実行せいと画面に出るので、従ったが問題なさそう。

 

AWS CLI2 のインストールは特に問題なし。よかったよかった。

Miniconda のセットアップとインストール の 4. ESP-IDF toolchain export scriptを実行することで、これらのツールがパスに追加されます で、IDF_PYTHON_ENV_PATH: (not set) が表示され、IDF のパスが取れないということに。。。

ググった結果、以下のサイトがでてきました。

esp32.com

改めて、 install.sh を実行してねとのことだったので、install.sh を再実行したところ、今度は、 問題なさそうです。

Lチカをするのは、workshop の手順に書いてある通り、 AWS IoT Core の テスト メニューから、「トピックに公開する」を選択し、トピック名 として CLIENT_ID(M5Stack Core2 ESP32 IoT Development Kit for AWS IoT EduKit の画面に表示されている18桁の文字列)/blink を指定する。

そして、「発行」ボタンをクリックすることで M5Stack Core2 ESP32 IoT Development Kit for AWS IoT EduKit 搭載の LED が左右交互に光ります。

止めたい時も「発行」ボタンをクリックします。

f:id:hiroSys:20210222014128p:plain

 

こんなかんじ。

 

f:id:hiroSys:20210222013636g:plain

 

というわけで、まだまだ続きます!

AWS Edukit で遊んでみた〜初期セットアップ編

というわけで、AWS Edukit (M5Stack Core2 ESP32 IoT Development Kit for AWS IoT EduKit)を手に入れたので、遊んでいきます〜

www.switch-science.com

 

注文から2日程度で到着! 

f:id:hiroSys:20210221013729j:plain
f:id:hiroSys:20210221013840j:plain

 

まずは、workshop から学んでいきます。

edukit.workshop.aws

 

この記事では workshop の 1. 開始方法 で特にわたしのつまづきポイントの共有をします。

 

わたしの試行環境は macOS Big Sur(11.2.1)です。そのため、Silicon Labs USB to UART ブリッジドライバのインストールについては、 macOS 10.9+ が対象になります。

 

この場合、以下のコマンドを実行して、ドライバのインストール並びにロードがなされているかを確認します。

 

> kextstat | grep usb.serial

 

しかし、com.apple.driver.usb.serial が存在せず、ロードされたアドレスと合わせて表示されませんでした。

これは、 macOS Big Sur もしくはそれ以降で kext(Kernel EXTention) の USB Serial がサポートされなくなるということの影響です。

そこで、一旦、手順の記載の通り、macOS <= 10.8 の手順に従ってCP210x VCP macOSドライバーをダウンロードしてインストールを実施しました。

そして、再起動後、mac にこのドライバーがロードされているか確認するために、以下のコマンドを実行しました。

 

> systemextensionsctl list

 

すると、以下のように cp210 が出力されたので、とりあえずはよしとしました。

****

hiromacp:~ hiro$ systemextensionsctl list

systemextensionsctl list2 extension(s)--- com.apple.system_extension.driver_extensionenabled active teamID bundleID (version) name [state]

* * 52*****85C com.silabs.cp210x (6.0.0/6) com.silabs.cp210x [activated enabled]

****

 

その後は手順の通り、進めていきましたが、ESP RainMaker Agent の実行 の デバイスの登録とプロビジョニング で表示されるべき QR コードが表示されませんでした。。。

 

そんななか、クラスメソッドさんのさかじ様の記事をみつけました。

dev.classmethod.jp

藁にもすがる思いで、さかじ様の記事記載の通り、ファームを再アップロードしましたが、QR コードは表示されませんでした。。。

 

さて、どうしよう。。。と悩んだ挙句、とりあえず、再起動してみるべと。そうすればなんか起きるんじゃなかろうか?と。

というわけで、本体画面の下部にある電源ボタンをぽちりこと押すと、VSCode のターミナルで表示されている シリアルモニター にアスキーアートQR コードが表示されるではないですか!
※ この記事を元に再起動して、デバイス破損など問題が起きても筆者は責任を取りません。
※ 自己責任でお願いしますm(_ _)m 何卒。。。
※ どうしても QR コードが出てこない場合の最後の手段的な感じで。。。

 

Σ( ̄□ ̄;)!!

  

f:id:hiroSys:20210221013148p:plain


この QR コードを iPhoneAndroid アプリの ESP RainMaker で読み込ませ、 wifi の設定をしてあげると、初期セットアップの完了です。

 

ちなみに、わたしは、 wifi のパスワード入力をとちってしまい、ファームの消去 → 再書き込み → QR コードの表示 → wifi 設定 とするはめになってしまいましたとさ。。。

 

 

というわけで、続きます!

2020 APN Ambassadors 継続の巻

こんにちは。 hirosys です。

3日坊主でほったらかしにしてましたが、久々に。

 

昨年、AWSさんから選んでいただいた APN Ambassador ですが、今年も継続して活動していけることになりました。

引き続きよろしくお願いします!

 

https://aws.amazon.com/jp/blogs/psa/japan-apn-ambassador-2020-awards/

 

きょうのランチ: 両面焼きそば(あぺたいと)

会社の近所に有名な焼きそば屋さんがあると知り、早速行ってみた。

 

f:id:hiroSys:20200317130312j:image

 

注文は食券式。

生卵入り両面焼きそば(中)をば。

 

先客が2組4名。

今回はカウンター席でした。

f:id:hiroSys:20200317130556j:image

ラー油、お酢、ソースなど
f:id:hiroSys:20200317130559j:image

あと、紅生姜。

 

待つこと10分くらいで配膳。

f:id:hiroSys:20200317130650j:image

f:id:hiroSys:20200317130538j:image

 

いっただきまーす

( ‘༥’ )ŧ‹”ŧ‹”

 

ŧ‹"ŧ‹"(●´ㅂ`●)ŧ‹"ŧ‹"

 

( ‘༥’ )ŧ‹”ŧ‹”

 

両面焼きそばの名前の通り、麺はよく焼きで歯応え食感が楽しい!

 

ソースの香りと味を楽しんだら、

途中で卵を崩して混ぜる!

 

( ‘༥’ )ŧ‹”ŧ‹”

 

ŧ‹"ŧ‹"(●´ㅂ`●)ŧ‹"ŧ‹"

 

( ‘༥’ )ŧ‹”ŧ‹”

 

まろやかになってこれも、いいね👍

 

ちょっとラー油をかけてー

紅生姜もー

 

で、あっという間にごちそうさま!

Happy menu〜♪

先日、どーしてもメロンパンが食べたくなった。

そういえば、メロンパンなんて20年くらい作ってないなと思い、減量中にも関わらず作ってしまった。

 

じゃーん

f:id:hiroSys:20200316214525j:image

 

とんでもない砂糖とマーガリンの量💦

小ぶりに作って正解。

でもまあ、美味しかったからいっか。

はてなブログにコメントできない!ときの対処方法

友人が最近 はてなブログにお引っ越ししてきた。

早速コメントを書こうとしても書けない。

 

Why?

 

Facebook 内のブラウザからなら書ける。

iOSSafari(ブラウザ) からだと書けない。はてなのアカウントでログインしてブログにアクセスするとログアウトされてる。

 

Why!!!??!!!

 

今日、やっと対処方法がわかったのでメモとして残しておく。

 

1. iOS の設定を開く

f:id:hiroSys:20200316125040j:image

 

2. 画面をスクロールさせる

f:id:hiroSys:20200316125104p:image

 

3. Safari の表示をタップする

f:id:hiroSys:20200316125131j:image

 

4. 画面をスクロールする

f:id:hiroSys:20200316125149j:image

 

5. サイト越えトラッキングを防ぐのところにいぬ

f:id:hiroSys:20200316125236j:image

 

6. タップして無効化する

f:id:hiroSys:20200316125258j:image

 

これで、書き込みできない・ログアウトさせられてる事象を回避できた。よかった。

 

ずっと、コメントできない!で探してたのだけど、ログイン側の事象にフォーカスしてググってみたところ、以下がヒット。

 

https://staff.hatenablog.com/entry/2018/09/19/172518

 

なるほどね、と。